春から夏へ | スタッフブログ- 九州の旬なひものを全国に 博多ウエダ

 

スタッフブログ

春から夏へ

2019.04.23

前回の更新から、気が付けばもう2ケ月以上、

更新が滞ってしまいました・・・(´・ω・`;A) アセアセ

その間、次の新元号も「令和」に決まり、もうすぐ最大10連休の

ゴールデンウィーク・・・時の流れは速いなあとつくづく

感じてしまいます。また、魚市場に並ぶ魚の種類も、

季節が進むにつれて変わってきてます。

今の時期、市場に入荷し始めるのは・・・・

「さより」です。漢字で書くと「細魚」。

わりとそのまんまですが(*´・д・)ダネー

ちなみに、先が長く伸びてるのは、下あごの部分。

子供のときは普通の顔で、大人になると伸びてきて、

この伸びた下あごで、プランクトンなどをすくって

食べるらしいです(′ – ′)フーン

この魚が市場に並び始めると、季節の変わり目だなーと思います。

だいたい、夏前までの短期間にしか福岡の魚市場には入荷しないし、

入荷量もあまり多くはありません。

我々は、「一夜干し」に加工するので、あんまり大きなものは

仕入れませんが、たまーに大きいのが入荷する事もあり、

値段を聞くと・・・まあ高級魚です マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?

あと、この魚に関しては有名なのは、開くとお腹の部分が黒いという事。

↑こんな感じです。なので、もののたとえで、

「さよりみたいな人」=「腹黒い人」と昔は言ってたらしいです。

ま、そんなたとえ方されてはいても、

美味しいことに変わりはないです(人´∀`)ダヨネ!

さよりは、どちらかといえば、骨のやわらかい魚なので、

お好きな方は骨ごと食べられます。

今が「旬」のお魚なので、機会があれば、

ぜひぜひ「旬」をお楽しみください!!

 

 

 

ページトップへ