寂しいかな… | スタッフブログ- 九州の旬なひものを全国に 博多ウエダ

 

スタッフブログ

寂しいかな…

2019.12.20

こんにちは。Aです。   (もうバレてるって)

さて、年末の発送作業やらなんやらで、仕入には行っているのですが
なかなかブログを更新することが出来ずに、誠に申し訳ございません。
すこーしだけ時間が出来そう(無理やり)ですので、ちょっっと綴ってみます。

前回の投稿から1~2回ほど仕入に出かけていましたが、
九州の方はしけが続いており、なかなか思うように魚が集められません。
(仕入に行く人は大変ですねぇ)

目鯛(地方名:ダルマ)
この時期の丸々太った目鯛は、非常に脂がのっていて腹身は、溶けてなくなるほど…
さすがに干物にするには大きすぎるので、粕漬などに加工しています。(滅多にしませんけど💦)

グロ画像ではないと思いますが、想像すると怖くなる状況ですね。
あなごは、鮮度保持のために首の後ろに包丁を入れて血抜きをします。
(締めないとしぶといですし…)

これは、前々回あたりに仕入れた「関さば」です。
大分県の佐賀関漁協の組合員さんが一本釣りで釣り上げる高級ブランド魚です。
釣り上げた後、漁港の生け簀に入れて落ち着かせます。
出荷の際には、後頭部に包丁を入れ締めて血抜きをし、きれいな身のまま出荷されます。
関東方面へ届けられても新鮮できれいな身質で、お刺身として重宝されています。
(少々お高いですので、私が味わったので遠い記憶の彼方ですねぇ)
弊社で仕入れた後は、職人が魚体の大きさ身の厚さにより浸け込み時間を変えている塩水につけ込みます。
乾燥方法は、水分や臭みを取り除く特殊なシートを使って、低温冷蔵庫でじっくり熟成させながら、
干しあげます。所謂、「一夜干し」です。

以下は、スルーしていただいて結構です。

上の二つの画像は、切ないかな廃業された仲卸のスペースです。
個人的には、毎日仕入れに行くわけではないので、いきなりがらーんとしたスペースが飛び込んできます。
後継者の問題なのか、資金繰り等の問題なのか定かではないです。

さて、実は明日仕入れに行ってまいります。ご期待にそえますかどうか…(誰の?)
次回のブログの更新は、期待せずにお待ちください。

じゃ( ´艸`)

ページトップへ