12月19日の仕入状況 | スタッフブログ- 九州の旬なひものを全国に 博多ウエダ

 

スタッフブログ

12月19日の仕入状況

2019.12.20

こんにちは、Aです。     (あくまでもバレてないテイで)

最近少し暖かだったのですが、今日からまた気温がグッと下がりました。
風邪などひかれていませんか?

さて、宣言通り(?)昨日仕入れに行ってまいりました。
やはり水揚げは少ないですね。

特に、K氏の好物「のどぐろ」や佐賀県呼子の活き造りで有名な「ヤリイカ」を殆ど見かけません。
「のどぐろ」は、見かけてもたとしても1尾3000円~4000円(仕入れ値が)とまさに超高級魚。
魚屋に並んだら、いったいいくらになるのやら…(;^_^A
では、仕入の状況を画像を交えながらお伝えいたします。

ピントがあってない 😞 やはり、荷台の中で照明をあてての撮影ではピントがあいにくですね。
これは、長崎産の真あじです。入数は40~50と聞いていました。実際は52尾。
しかも、かなり安く手に入りました。喜んでいただけるかと思います。お店もお客様も。
目指していたサイズが150gUPでしたが、ゆうに200gを超えているものばかり。よかった、よかった。

続きまして、もちうお(エボダイ)。またの名をシス。魚は、地方によって色々呼び名がかわります。
こちらは、小ぶりですが単価を安く仕入れられてので、「セール品」に入れ込めると思います。
そうそう、お店の方では、色々と「セール」を行なっているようで、よく単価の安い魚を希望されます。

ホントにピントが合わないなぁ…
冒頭にも名前が出てきた「のどぐろ」です。ちょっと小ぶりなので、手が出ます。
でも、求めているサイズではないんですよねぇ…

こちらも最近は、水揚げが少なくなりました「金目鯛」でございます。
【極上】と銘打ってある通り、身も厚くボリュームのある品物でございました。
7kgだての8尾入りでしたので、900g弱ですね。
これを2枚におろして、一夜干しにします。当然コンロに入るサイズではありませんので、
お客様ご自身でカットされていることでしょう。
今までに「大きすぎ!」というお声はいただいていないので、各家で人数分に分けていただけていると思われます。
(ありがたや)

赤い魚(甘鯛)をもう一つ探していたのですが、良い品が見当たらず…
そこで、真鯛を仕入れました。お店でも売りやすいように三枚におろして干物にします。
これですと、フライパンでソテーしたり小さくカットして天ぷらでふわっとお召し上がりいただけます。

これから下は、仕入れてはいないのですが、参考までにご紹介します。

こちらは、かの有名な幻の魚…「クエ」(福岡ではアラと言われます。)あら?
そんなに幻ではないと思いますが、大型のものは滅多に水揚げが無いからかと思います。
これらは2kgくらいではないでしょうか。(聞けばよかった💦)
美味しいんでしょうねぇ。
食したことはあるかと思いますが、遠い記憶の中に埋もれてしまっているようで…

宮城県産の赤貝だそうです。クッション材にくるまれて、高級感漂いますね。
缶詰のイメージしかないので、生の赤貝はどんなお味なんでしょう。(ビックサイズ、こぶしくらいありました)

とまあ、ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
他の仕入れ人が忙しくなくなったら、ブログも定期的に更新されるかと思いますので、
それまでしばしお待ちください。
今回は随分と長くだらだらと書いてしまいました。
次回は簡潔にまとめます。飽きられないように。

じゃ(@^^)/~~~

ページトップへ